Japan Biblical Theological Seminary
日本聖書神学校
HOME 入学希望者の方 在学生・教職員の方 卒業生の方 教会関係者の方 一般の方
日本聖書神学校ホーム > News & Topics
神学校紹介
  神学科教育
  学生生活
  入試情報
  図書館
  公開講座・研究会
News & Topics
神学校授業体験週間(11月13〜17日)
神学校授業体験週間(11月13〜17日)
神学校の入学は希望しているものの、現実にはどのような学びが待っているのか不安だという方は、ぜひ教室の雰囲気を体験してみてください。主に1年生の科目の実際の授業を見学して頂けます。

授業体験のお申し込みは、11月8日までに、希望科目・住所・氏名・電話番号を明記の上、Eメール(jbts@jbts.ac.jp)かファックス(03-3951-3044)でお願いします。

★礼拝(11月13日(月)18:00-18:45)
月曜日と金曜日の礼拝は、神学校における生活と研鑽と交わりの焦点である。月曜礼拝の説教は主として教師が担当し、金曜日は今年度は4 年次神学生がおこなう。

★キリスト教史Ⅰ(11月13日(月)18:50-20:20)
古代教会の歴史は現在の教会の姿をとらえるうえで欠かすことのできない学びです。4世紀までの教会の歴史の中で代表的な思想家や大きな出来事をとりあげつつ、古代の教会の歴史を学びます。

★キリスト教教育概論(11月13日(月)20:30-22:00)
1.キリスト教教育の歴史を学び、学生が既に受けてきたキリスト教教育の歴史的背景を理解する。
2.現在行われているキリスト教教育の基礎理論、概念等を包括的に捉える。

★日本宗教史(11月14日(火)19:55〜21:25)
日本における伝道を前に、最低求められる日本宗教史の基礎的な知識を学びます。

★旧約時代史(11月15日(水)18:15-19:45)
歴史学や考古学の成果を踏まえて、旧約聖書の背景としての歴史について基礎知識を得る。古代イスラエルの歴史において決定的な意味を持った出来事を中心に歴史の流れを学ぶ。また、それらの出来事に関する研究文献や考古学資料を紹介し解説する。旧約聖書を歴史的観点で読むことは、旧約聖書の信仰の特質を考える上で不可欠であり、「全き知識を与える神の言葉」としてより深く受け取る準備になることを実感していただきたい。併せて、旧約聖書全体の内容を把握をも目標とする。

★キリスト教と文学(11月16日(木)18:15-19:45)
日本には、キリスト教と何らかの形で関わり、聖書に親しく接し、そこから促されて詩人になった人々がかなりいます。それは、「言葉の宗教」と言われているキリスト教がその根拠に据えている聖書があるからです。聖書こそ、「文学の中の文学」と言ってもいいと思います。聖書の伝える福音を宣べ伝える志を持ち、その学びに励もうとしている皆さんとともに、正しく言葉を畏れ、誠実に魂と対話する言葉を培うために、先人たちの詩作品に耳を傾けましょう。そのことによって必ずや、聖書を深く読み解き、そこからの新たな発見の感動に資することになると信じています。

★礼拝(11月17日(金)18:00-18:45)
月曜日と金曜日の礼拝は、神学校における生活と研鑽と交わりの焦点である。月曜礼拝の説教は主として教師が担当し、金曜日は今年度は4 年次神学生がおこなう。

★ビーベル・クンデ(11月17日(金)18:50-20:20)
旧・新約聖書を音読することによって、聖書全体の知識と理解を深めることを目的としています。授業では初めに各書の解説を行い、続いて音読をします。

★神学基礎文章理論(11月17日(金)20:30-22:00)
この科目は、キリスト教の宣教に有益な書籍を読み、内容を正確に理解し、それを自分の言葉で表現できる能力を養うための、基礎的訓練を行うことを目的にしています。

<<前の記事へ次の記事へ>>
このページの先頭へ
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-16 TEL 03-3951-1101 FAX 03-3951-3044
Copyright(C) Japan Biblical Theological Seminary. All Rights Reserved.  Email:jbts@jbts.ac.jp
アクセスマップ 個人情報保護方針 SITE MAP